Breadcrumbs List

隠者の庵

隠者の庵

次にクリフォード一行が引き受けたのは、トマック村からの依頼です。村の外れに、奇妙な人物が住み着いて、困っているというのです。奇妙な人物とはいったい誰なのか。それは村に災厄をもたらすものなのか。一行は調査に向かった。

隠者の庵にて

ユーナ
ユーナ
「奇妙な人物っていうから、どんなバケモノかと思ってたんだけど……。シュレックさん、思ったより普通のおじさんだったね。」
ポール
ポール
「そうだな。今回は、簡単な依頼だったな。」
ウォルター
ウォルター
「家の中に入るとき、俺を盾にしやがったのは何処のどいつだよ、ったく。」
ポール
ポール
「ぎくっ。」
クリフォード
クリフォード
「とはいえ、これで本当に良かったのでしょうか。」
ラヴィニア
ラヴィニア
「何にせよ、私達ができるのはここまでよ。あとは、村人が変なことを考えなければいいだけのこと。」
ステラ
ステラ
「あとは、たまに話相手になってあげるのもいいかもしれないね。」
ユーナ
ユーナ
「そうだね。面白いスキルいっぱい売ってたし。」
ウォルター
ウォルター
「そういや、ユーナは何か買い物してたよな。」
ユーナ
ユーナ
「うん。『魔力感知』っていうんだって。魔力がかけられてるかどうか判別できるらしいよ。役に立てるかなって思って。」
ウォルター
ウォルター
「たしかに、そういうのがあると俺も助かるな。俺は魔法に関してサッパリだし。」
ラヴィニア
ラヴィニア
「ふぅ、私はもっと派手な魔法の方が好きなんだけど。」

今回は店シナリオです。ユーナが購入した「魔力感知」だけでなく、「生命感知」や「解読」など、探索好きにはたまらないスキルがたくさん販売されています。持っているとニヤリとできるシナリオが好きです。infoseekのサービス終了のため、サイトが消失してしまいました。が、一応ここを見ると入手できるようです。

シナリオ名

隠者の庵
製作者

Fuckin’S2002様

Infomation

Date
2012.08.26
Category
replay 
Tags
 

Comment / Trackback

Comment Form

Trackback URL