Breadcrumbs List

Sad in Satin

Sad in Satin

地方領主のビロード公から、ゾンビ退治の依頼を受けることになったクリフォード一行。貸衣装屋から礼服を借り、作法も完璧に叩きこみ、準備は万全です。しかし、依頼人に会いに行く途中、橋がなくなっていることに気づきました。待ち合わせの時刻まではあと一時間。依頼人は、時間に厳しいと評判の人物です。しかし、次の橋までは大きく遠回りしなくてはいけません。通行人に教わった近道には、なんと討伐対象のゾンビたちが。礼服を着ている彼らは、ゾンビと戦える状態ではありません。さて、彼らの運命は……?

Sad in Satinにて

Sad in Satinにて

クリフォード
クリフォード
「はぁ、今回は、散々な目に合いましたね。」
ウォルター
ウォルター
「あんなに苦労したのに、儲けがたったの305SPだなんてな……」
ユーナ
ユーナ
「ゾンビ臭かったし!最悪ー!」
ラヴィニア
ラヴィニア
「ホント、あの執事が時間をちゃんと伝えてくれてたら、こんな苦労もしなかったのに。」
ウォルター
ウォルター
「お前さんは汚れなかったんだから、まだマシな方だろうよ。」
ポール
ポール
「さて、結局俺達は洞窟を突っ切ることにしたわけだが、回り道していたらどうなったんだろうな。」
ステラ
ステラ
「いや、回り道していたら回り道していたで、おそらく何かしらあっただろうよ。人間というものは、必ず後悔するようにできているのだからね。」
ウォルター
ウォルター
「はぁ…この前の依頼が美味しかっただけに、ダメージがでかいぜ…。」
ユーナ
ユーナ
「次はきっといいことあるよ。」
ウォルター
ウォルター
「はは、ありがとよ。」

コメディタッチのショートシナリオです。私の好きなシナリオの1つでもあります。貧乏クジ系ということで、冒険者がひたすらヒドい目に合います。途中の選択肢によって展開が変わったり、最終的に利益になる金額が変わったりと、何度やっても面白いシナリオです。済印をつけるまでは何度もプレイできるようですので、いろいろためしてみるのも面白いかもしれませんね。あと、今回の冒険で、ポールのレベルが上がりました。

シナリオ名

Sad in Satin
製作者

Pabit様(寝る前サクッとカードワースvol.2)

Infomation

Date
2012.08.26
Category
replay 
Tags
 

Comment / Trackback

Comment Form

Trackback URL