Breadcrumbs List

薄紫に染められて

次にクリフォード一行が受けたのは、オーク退治の依頼。アメジストの採掘が盛んなバーテムト町の鉱山に、突然オークが住み着いてしまったというのです。町に着いた一行が目にしたのは、草木が枯れ果て、ガスが蔓延する大地でした。鉱山を襲うオーク、採掘に反対する住民、そして町に伝わる精霊の伝承。この町を救うため、冒険者たちが選んだ道は…。

薄紫に染められてにて

薄紫に染められてにて

薄紫に染められてにて

ラヴィニア
ラヴィニア
「ふふ、いい香り。」
ユーナ
ユーナ
「あ、それ、バーテムト町の香水でしょ?」
ラヴィニア
ラヴィニア
「そうよ。リューンで見かけたから買ってきちゃった。」
ステラ
ステラ
「ほぉ、ついにリューンでも買えるようになったか。どれ、私も…(くんくん)」
クリフォード
クリフォード
「あの事件を解決してから、バーテムト町はラベンダー目当ての人々で賑わっているようですよ。」
ウォルター
ウォルター
「俺はラベンダーよりもアメジストの方が好きだけどな。」
ポール
ポール
「そうか?いい香りじゃないか。」
ウォルター
ウォルター
「そりゃそうだけどさ…。」
ステラ
ステラ
「このラベンダーが、町も、人々も、そして精霊も救ったんじゃ。アメジストより、ずっと高価なものなんだよ。」
ウォルター
ウォルター
「はぁ…そうなんだけどさ…。」
ユーナ
ユーナ
「ウォルター落ち込んでるね。どうしたのかな。」
ラヴィニア
ラヴィニア
「オークロードからアメジストを盗めなかったから、へこんでるのよ。放っておいてあげて。」

初プレイのシナリオでした。紫と聞いたら、紫好きはプレイしないわけにはいきませんものね。とても丁寧に作られたシナリオで面白かったです。口調も設定できるし、キャラが性格通りに動いてくれるのはなかなか気持ちいいですね。ウォルターさん大活躍でした。ハッピーエンドっぽくスッキリと終われたので満足です。

シナリオ名

薄紫に染められて
製作者

ほしみ

Infomation

Date
2012.09.09
Category
replay 
Tags
 

Comment / Trackback

Comment Form

Trackback URL