Breadcrumbs List

晴れ知らず森

晴れ知らず森

ある人物を追ってドリーゼル公国にやってきたクリフォード一行。しかし依頼には失敗。傷心のまま帰路につくことになりました。その道中、突然濃い霧が発生し、一行は森から出られなくなってしまいました。彼らの前に現れたのは、「霧呼び」を名乗るフォルカという青年。果たして、一行はこの森から出ることができるのでしょうか。

晴れ知らず森にて

晴れ知らず森にて

晴れ知らず森にて

ラヴィニア
ラヴィニア
「はぁ、依頼はこなせないわ、足止めは食らうわ、散々な目に遭ったわね。」
ウォルター
ウォルター
「結局タダ働きになっちまったしな。勘弁してくれよ。」
ステラ
ステラ
「しかし、フォルカたちを救うことができた。それで十分ではないか。」
ユーナ
ユーナ
「ムルムン様、だっけ。喜んでたよね。」
クリフォード
クリフォード
「えぇ。私達が森を通らなかったら、あの森はずっと…。」
ウォルター
ウォルター
「なぁ、俺達はいつから慈善事業家になったんだ?」
ポール
ポール
「ははは。そいつは面白いな。死霊関係を専門に扱うボランティアってな。」
ウォルター
ウォルター
「ったく。前回は報酬があったから良かったけどよ…。」
クリフォード
クリフォード
「まあまあ、次は依頼を選ぶ際に気をつけますから。」
ウォルター
ウォルター
「そういや、お前さん、今度奢ってくれるんだったよな?」
クリフォード
クリフォード
「え?」
ウォルター
ウォルター
「夜の見張り、代わってやっただろ?」
クリフォード
クリフォード
「本当、細かいことを覚えているんですから…。」
ラヴィニア
ラヴィニア
「とにかく、私達は二度と森から出られないところだったのよね。次からはもっと気をつけないと。」
ステラ
ステラ
「もう閉じ込められるのは嫌じゃのう。」
ユーナ
ユーナ
「次はもっと楽しい依頼になるといいね!」

ストーリー重視のミドルシナリオです。森の中に閉じ込められてしまった冒険者たちが、依頼人の家で数日過ごすことになるのですが、キャラクターの性格によって、何をして過ごすのか変わる…というのが面白かったです。残念なことに、一日寝て過ごすずぼらな人はいなかったのですが。あと、全体的に怖い雰囲気が楽しめますので、そういったシナリオが好きな方にはオススメします。

シナリオ名

晴れ知らず森
製作者

ヒロタ

Infomation

Date
2012.09.23
Category
replay 
Tags
 

Comment / Trackback

Comment Form

Trackback URL